読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第四回 自分を見つめよう勉強会~目標設定編②~

皆さん、こんにちは。

今回からは、目標設定をするための方法についてお伝えしていきたいと思います。

 

皆さんは、どのような時に目標を持たれますか?

 

企業、特に営業などをしている部署では、「今月の契約件数を前の月よりも多くしよう!」などの部署内でも目標を掲げ、これを目標とするといったケースのように、他の人からの意見や提案などによって目標を設定されている方がいるのではないでしょうか?

 

勿論、この目標によってモチベーションが上がり、バリバリを仕事に取り組めるのであればよいことであると思います。けれど、中には仕方なくこの目標に向けて行動されている方もいらっしゃると思います。

 

なぜでしょうか?

 

おそらく、その目標が自分で設定したものでないが為に、その目標を達成した自分をイメージできない、魅力を感じない、他に達成したいものがあるなどの思いがある為です。

 

本来、目標とはその目標が達成された状態になることで、満足感や達成感を得られるものでなければ、設定自体行われないものです。

 

例えば、将来プロ野球選手になりたい人がいたとします。その為に、今よりも打撃を上達させるなどの目標を立てるかもしれません。

なぜそのような目標を立てるのかと言えば、その状態になることで、今よりもプロ野球選手になる可能性が高くなると思えるからこそ、その目標を設定するのであって、打撃が上手くなってもプロにはなれないと思えばそのような目標を持つことはないでしょう。

 

つまり、目標は自分が魅力を感じるものでなければなりません。その為に、自分を見つめ直し、自分の人生観や価値観、信念などをしっかり知っておく必要が大切です。

 

次回も目標設定の方法についてお伝えしたいと思います。

 

 ➡ 続きはこちら