読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目標設定と行動設定の違いについて⑤

皆さん、こんにちは。

今回は目標設定と行動設定の違いについてのまとめをお伝えしたいと思います。

 

これまで、目標と行動の違いについてお伝えしてきましたが、要約すると、

目標とは、自分が目指す状態やありたい姿を想像し、その状態を言葉で表すもの。そして、行動は目標を実現するための手段である。

と私は思います。

 

そして、目標設定と行動設定を行う時に大切なことは、どんな些細なもの、行動であったとしても、自分で否定をしないことです。

例えば、苦労せず、楽して生きていきたいという想いがあったとしたら、そういった考えは世間的には非難や否定をされる可能性が高いと思います。けれど、そういった状態になりたいと感じたのであれば、目標にしてみるのも私は構わないと思います。

 

なぜなら、どんな目標であったとしても、目標を設定するだけであれば誰の迷惑をかけることはないからです。そして、それを実現するための行動を考えている内に、本当に自分が行いたい目標が見えてくるかもしれません。そのような時は、目標を変更してもいいでしょう。

 

大切なのは、何事も継続することだと思います。たとえ、目標がなかなか決めることが出来なかったとしても、目標を想像し、考えたという一つの記録が自分の中に残ります。なので、それぞれ自分のペースに合った期間で、自分がなりたいもの、実現したいものなどを設定すると良いでしょう。

 

以上で、目標設定と行動設定の違いについての話を終えたいと思います。

 

 ➡ 休憩時間 怠け心が芽生えたとき - 自己開拓レポート