読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相手を「認める」こと⑤

皆さん、こんにちは。

今回は、相手を認めることについてのまとめをお伝えしていきたいと思います。

 

前回までに相手の認め方について色々考えてきましたが、結論として、人は相手の意見が正しいか正しくないかは関係なく、自分の中の相手を認めたくないという思いが心のどこかにある為に認められないのだと思います。

 

つまり、相手を認めていくことは、ある意味自分を見つめる為の良い機会ではないでしょうか?

 

けれど、なかなか全ての人の意見をすんなり認めることは難しいことかもしれません。ただここで言いたいことは、どうしても相手の意見を聞き入れることすら難しいと感じる場合でも、なぜ認められないのか、認める為には何があったらいいのかなど認められない自分を認めるのも一つの学びであるということです。

 

今この時にも世界のどこかで戦争や権力争いなど、自分が認められないことに関して、それを周りに認めさせる為の争いが絶え間なく起こっています。互いに相手を認められない同士の争いなので、解決することはかなり困難なことであると思います。

 

けれど、見方を変えれば、相手の意見を片方が認めたらすぐに解決する問題であるとも言えます。勿論、解決することだけに目を向けた場合ですが。このように対人問題は非常に難しい困難なことで、非常にシンプルなものだと私は思います。なので、片方でも相手を認められるならコミュニケーションは非常によくなるのではないでしょうか?

 

以上で相手を認めることについてを終わりたいと思います。