読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生を変える今日の言葉 13言目

アドラー心理学 今日の言葉シリーズ

ルフレッド・アドラーの言葉

使い続けたライフスタイルが支障をきたしても、
人はそれを変えようとはしない。
現実をねじ曲げてでも、
自分は正しいと思いこむのである。

(出典:アルフレッド・アドラー人生に革命が起きる100の言葉 著者:小倉広)

 

ライフスタイルとは、簡単に言うとその人の人生観、思想、性格などの広い意味でその人を表す特性を表す言葉です。

 

私たちは、「認知」というそれぞれ独自のレンズを持っていて、それを通して、この世界を見ています。所謂「認知バイアス」と呼ばれるものです。

 

私たちは、この「認知」というレンズを通して見た世界が真実であり、それ以外のものはすべて例外なのです。その為、今まで真実だと考えていたものを否定されると今までの自分を否定されるのと同じで、とても恐ろしいことだと感じるでしょう。

 

私たちは、過ちや失敗を受け容れることにかなりの勇気が生じます。その誤りや失敗が大きければ大きいほどかなりの勇気が必要となります。つまり、そんな恐ろしいことに挑むよりも今見ている世界を信じた方が楽だと感じてしまうから、現実を曲げてでも、自分の正しさを信じようとするのです。

 

しかし、過ちや失敗から逃げていては、同じ過ちや失敗を繰り返すだけです。同じ過ちや失敗をしない為には、まず過ちをした自分、失敗をした自分を受け容れることです。そうすることで、過ちや失敗を改善しようとする考えが生まれます。そして、過ちや失敗を改善しようとする行動を起こせるのです。

 

「成長とは、誤りや失敗を受け容れることである」、私はそう考えています。

f:id:discover-knowledge5:20160919192023p:plain