読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生を変える今日の言葉 14言目

アドラー心理学 今日の言葉シリーズ

ルフレッド・アドラーの言葉

勇気を薬のように与えることはできない。

(出典:1分間アドラー人間関係の悩みをゼロにする77の原則 著者:桑原晃弥)

 

アドラー心理学において、「勇気づけ」は非常に重要な行為です。

しかし、アドラーも「勇気をスプーン一杯の薬のように与えることはできない」といっているように、問題に取り組めずにいる人をすぐに勇気のある人に変えることは不可能です。

 

では、どのようにして、人を勇気づけるのか?

 

アドラーは次の4つの方法を挙げています。

①長所に目を向ける

もし、自分の長所が分からないと思った方は、まずは自分の短所を考えてみるのも手です。そして、見方を変えてみるのです。例えば、自分が短気だと思うのであれば、気が短いというのは、つまり行動が早いということです。このように、自分の都合の良いように考えてみるのも時には必要です。

 

②自分に価値を見つける

人は「この世界から必要とされている」と感じることでかなりの勇気を持つことが出来ます。つまり、自分がどのように社会に貢献できているのか?について考えてみるのも、勇気を持つ為に必要なことです。ただ、注意することは他者からの評価や意見で考えるのではなく、自分の主観で貢献できているかどうかで考えることです。なぜなら、他者からの評価や意見で考えると、それは他者の貢献に付き添っているだけで、あなた自身の貢献ではありません。大切なのは、「あなたの価値」であり「他者の価値」ではないということを忘れないようにしてください。

 

③自尊心を増す

自尊心と虚栄心は違います。虚栄心は文字通り、偽りの自信なのです。自尊心は、自分の行動に責任を持っている態度です。それを踏まえて、自尊心を育てることが勇気を持つことにつながります。

 

④失敗を恐れない

失敗は成功の母と言います。例え、何かチャレンジしたものが失敗だったとしても、行動を起こしたことには変わりありません。要するに、なにもしないよりも前に進んでいるのです。つまり人生は、前を向いて歩けば、後ろにいくことはありません。失敗を恐れず、ただ前を向いて歩みを進めることが何よりもあなたを強くし、勇気を与えるのです。

f:id:discover-knowledge5:20160920211543p:plain