読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家族布置(構成)分析について①

アドラー心理学 テーマ考察

そもそも家族布置とは、親・同居人、きょうだいなどの家族構成、特にきょうだいの数や年齢差、性別といった家族構成のことを言います。

 

アドラー心理学において、ライフスタイルの形成には家族布置が大きく影響すると考えられています。その中でも特に影響するのがきょうだい関係です。

 

家族とは、生まれてから初めて経験する世界で、その家族という世界を通して、子供たちは自分の周りの世界がどういったものなのかを学んでいきます。その為、親を始めとする大人たちよりも年齢の近いきょうだい達の方が自分と境遇が似ている為、ライフスタイルの形成に影響を受けやすいのです。

 

また、ライフスタイルの形成は、誕生順によって影響の受け方が大きく変わってきます。その他にも年齢差や性差、子供が親に対して、自分ときょうだいのあり方を心理的にどうとらえているのかによっても違ってきます。

 

つまり家族布置(構成)分析は、主に以上のような家族構成、特にきょうだいとの関わり方を分析し、その人のライフスタイルがどのように形成されたのかを調べていきます。

では、具体的にどのような分析を行っていくのか?次回からは、誕生順による性格特性を中心に、その分析方法をお伝えしていきたいと思います。

 

参考文献:人生が大きく変わるアドラー心理学入門 著者:岩井俊憲

f:id:discover-knowledge5:20160923191042j:plain