読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己評価を高める心理学③

しかしながら、いきなり自分を許すといっても、何をどうしたらいいのかわからない人も多いのではないでしょうか?

 

今回は、自分を見つめ直すきっかけの方法として、ヘルマン・エビングハウスが開発した「文章完成法」と手法をお伝えします。

 

必要なものは、ノートと筆記用具です。

 

ノートの新しいページの一番上に、次の未完成文(※)を1つ書いてください。未完成文が書けたら、その未完成の部分(……)の答えを6~10個くらいを目安に書いてください。字のミスや文のつながりが矛盾しているなどを気にせず、思いのまま書いてください。書き終わったら、次の未完成文を新しいページに書いてください。

尚、未完成文は上から順に選択し、全て行ってください。

 

(※)

私が受け容れにくい感情は……です。

私が受け容れにくい行動は……です。

私が頭の中から追い出そうとしがちな考えは……です。

身体のことで受け容れにくいことは……です。

私が自分の身体をもっと受け容れるならば……でしょう。

私が自分のやったことをもっと受け容れるならば……でしょう。

私が自分の感情をもっと受け容れるならば……でしょう。

私が自分の欲求や要求をもっと素直に認めたら……でしょう。

自分を受け容れると困ることは……です。

私が自分を受け容れているのを人が見たら……でしょう。

自分を受け容れることの良い点は……です。

私が気づいていることは……です。

私が感じ始めていることは……です。

私が自分の体験を否定しないようになると……でしょう。

私が深い深呼吸をして自分を受け容れると……です。

 (引用文献:「自己評価」入門 自信を育てる心理学 著者:ナサニエル・ブランデン 訳:手塚郁恵

 

大切なのは、頭で思うだけではなく、文字にしてしっかりと目で確認することだと私は思います。是非、やってみてください。次回に続きます。

 

f:id:discover-knowledge5:20160908194309j:plain