読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生を変える今日の言葉 68言目

今日の言葉シリーズ

マハトマ・ガンジーの言葉

束縛があるからこそ、
私は飛べるのだ。
悲しみがあるからこそ、
私は高く舞い上がれるのだ。
逆境があるからこそ、
私は走れるのだ。
涙があるからこそ、
私は前に進めるのだ。

(出典:ガンジーの名言・格言集。不屈の意志をもつ言葉 | 癒しツアー

 

劣等感という感情は、誰もが持ち得るものです。しかし、劣等感に対して、どう反応するのかは、私たちの自由なのです。

 

それに、劣等感は決して悪い感情ではありません。私たちはこの劣等感を持てるからこそ、自分の悪い所、欠点を改めることで成長することが出来るからです。

 

例えば、自分は野球をすることが好きで、ピッチャーになりたいけれど肩が弱く、ピッチャーになれないという人がいたとします。この場合、肩が強い人に対して又は肩が弱い自分に対して劣等感を持つと思います。

 

しかし、冷静になって考えてみると、肩の強さだけでピッチャーの良し悪しが決まるのでしょうか?肩が弱くてもコントロールを良くしたり、変化球を使用し緩急をつけたりなどピッチャーになる為に必要な能力が他にもあるはずです。

 

確かに速い球を投げられるピッチャーがよく注目されます。けれど、速い球を投げられなくてもいいピッチャーになれる、そのことを証明することが出来たらとても素晴らしいと思いませんか?

 

感情は使いようです。つまり劣等感をどうしたら強みに見せられるのか?それが大切なのではないでしょうか?

 

f:id:discover-knowledge5:20161110205229p:plain